ネルソンせんせいがきえちゃった!

ハリー・アラード 文

ジェイムズ・マーシャル 絵

もりうちすみこ 訳 

朔北社

2017年12月発行

 

あらすじ

2年1組の生徒たちは担任のネルソン先生の言うことを聞かずいつも大暴れ。ところが次の日ネルソン先生は学校に来なくて、代わりにヴィオラ・スワンプ先生がやってきました。スワンプ先生はとても厳しく、生徒たちはネルソン先生に早く帰ってきてもらいたいと思い家に行きますが、スワンプ先生が歩いてくる姿が見えただけでした。翌日、ネルソン先生がやってくると生徒たちは大喜びし、とても静かに先生が本を読むのを聞きました。最後にスワンプ先生はネルソン先生が変身していたということがネルソン先生の呟きで分かります。


感想

大人の感覚だと先生の変身は想像できますが、1年生の子どもたちに読み聞かせしたところ、気づいたのは若干の子だけでした。絵はお話と合っていて、怖い先生が魔女らしく描かれていて子どもたちには怖さが伝わると思います。


読み聞かせには

小学校低学年の子どもたちに。

Copyright© 2018 ohanashikainoheya All Rights Reserved.

おはなし会の部屋
  • Twitter Social Icon
  • mail_icon.jpg