くまのコールテンくん

 

ドン=フリーマン さく
まつおか きょうこ やく

 

あらすじ
デパートのおもちゃ売り場に並んでいたくまのコールテンくん。ある日女の子の目に留まりますが、ボタンが一つとれているので、お母さんに反対され、家に連れて行ってもらえませんでした。その夜デパートが閉まってから、コールテンくんはボタンを探しにデパートを探検します。家具売り場のベットで、ボタンを発見したと思ったのですが、警備員さんに見つかりもとのおもちゃ売り場に戻されてしまいます。翌朝一番、デパートに昨日の女の子リサがやって来て、自分の貯金でコールテンくんを買って家に連れ帰ってくれました。初めて見る家に、コールテンくんは喜びます。そして、「ぼく、ずっとまえから、ともだちがほしいなあって、おもっていたんだ。」と言い、リサは「わたしもよ」とコールテンくんを抱きしめてくれました。


感想
友情というテーマの本と言われたら、数ある絵本の中から、私はこの作品を選びます。話のテンポも良く、冒険ものでもあると思います。コールテンくんが素直で、読んでもらった子どもたちは、きっとコールテンくんと自分を重ねあわせてハラハラドキドキしながら読めると思います。


読み聞かせには

幼稚園、保育園の年長さんから小学校低学年に。
 

Copyright© 2018 ohanashikainoheya All Rights Reserved.

おはなし会の部屋
  • Twitter Social Icon
  • mail_icon.jpg