「マララとイクバル」

パキスタンのゆうかんな子どもたち

 

あらすじ
女子教育の重要性を訴え、2014年ノーベル平和賞を受賞したマララ・ユスフザイと、絨毯業界の債務児童労働に対して声をあげ、銃弾に打たれ倒れたイクバル・マシー。

パキスタンの勇気ある少女と少年のことを描いた絵本。表表紙、裏表紙どちらからでも読め、中央のページでマララとイクバルが出会っているのが特徴です。

 

感想
マララさんを知らない方はいないでしょうが、イクバルさんについては、私はこの本で知りました。ごく簡単に書かれていますが、この本が、パキスタンや、世界の国々で起きている、児童労働や女性差別について、考えるきっかけになればと思います。

 

読み聞かせには
小学校高学年に、考えるきっかけになればと思います。

Copyright© 2018 ohanashikainoheya All Rights Reserved.

おはなし会の部屋
  • Twitter Social Icon
  • mail_icon.jpg