りんごかもしれない

 

ヨシタケ シンスケ 作

 

あらすじ
テーブルの上においてあったりんごを見て、もしかしたら、これはりんごじゃないのかもしれない。

と思うところから、様々な発想を展開します。…かもしれないと、りんごの五段活用ならぬ百段活用が

始まります。

 

感想
たしかに笑ってしまうところもあり、考えさせられるところもあります。この本は大人を対象に書かれたのでしょうか。子どもも素直に楽しいのでしょうか。

 

読み聞かせには
一人で読みたい本だと思います。

Copyright© 2018 ohanashikainoheya All Rights Reserved.

おはなし会の部屋
  • Twitter Social Icon
  • mail_icon.jpg