とってもなまえのおおいネコ

 

ケイティ・ハーネット 作

松川真弓 やく 

評論社 

2018年4月発行

 

あらすじ
はなさきどおりにとても忙しい猫がいました。なぜかと言うと、街中の人にさまざまな名前で呼ばれかわいがられていたからです。朝一番はグリーンさんの家で朝ご飯。絵のモデルをしたり、女の子のダンスの相手をしたり、猫は誰も訪れないマレーさんの家を除いて、はなさきどおりの家を全部訪問していたのです。その家に猫は宅配便の荷物とともにやって来ました。猫の姿が見えなくなり、街中の人が探し始め、みんなが探している猫が同じだと気づきます。マレーさんの家に住みだした猫を訪ね、今では近所の人たちがやってくるので、静かだったマレーさんの家は賑やかになりました。

 

感想
柔らかなタッチの絵がお話と合っていて、物語もほのぼのとしています。猫は癒し系だと改めて思わせてくれた一冊です。この作品は2017年のケート・グリーナウエイ賞候補作になったそうです。

 

読み聞かせには

年長さんから読めますが、大人が一番癒されるのではないかと思います。

Copyright© 2018 ohanashikainoheya All Rights Reserved.

おはなし会の部屋
  • Twitter Social Icon
  • mail_icon.jpg