はつめいだいすき

 

ピップ・ジョーンズ 文

サラ・オギルヴィー 絵                     

福本友美子 訳

BL出版

2018年6月発行

 

あらすじ

イジーは発明が大好き。おちゃどうぞマシーンやスパゲッティぐるぐるまきマシーンなどいろいろ発明しますが、上手くいかず機械にやつあたりしてしまいます。それを見たおじいちゃんに何度も上手くいくまでやってみるんだと言われます。

ある日、地面に落ちたカラスを見つけ獣医さんに連れて行くと、もう飛べないと言われてしまいます。さびしそうな跳べないカラスを見て、イジーは新しい羽を作ることを思いつきます。失敗を繰り返した末、マシンは完成し見事カラスは飛べました。でも部品を集めるために壊してしまった機械を直す作業がたっぷり残っていました。

 

感想
マシンの絵が細かく描かれていて、機械いじりの好きな子は楽しめると思いました。誰かのためを思うと、諦めずに頑張れるということを伝えてくれるのではないでしょうか。
 
読み聞かせには

小学校低学年から。

Copyright© 2018 ohanashikainoheya All Rights Reserved.

おはなし会の部屋
  • Twitter Social Icon
  • mail_icon.jpg