みどりの町をつくろう

 

アラン ドラモンド さく
まつむら ゆりこ やく
福音館書店

 

あらすじ

ぼくの町は竜巻で破壊されてしまったグリーンズバーグ。未来も何もない状況の中、今こそ再出発のチャンスと考える人たちがいた。災害に強く、グリーンズバーグの名のように、自然のめぐみを活かして暮らせる町を作ろうと人々は動き出した。2年かかり、再利用した材料を使い、自然のめぐみを活かしたぼくの家は完成した。年月はかかったが、グリーンズバーグは自然のめぐみで町全体のエネルギーをまかなえる町として生まれ変わった。

 

感想

アメリカのカンザス州グリーンズバーグの実話をもとに作られた絵本。自然と共に暮らすにはどうしたらよいのか、考えさせられました。


読み聞かせには

環境問題を考える授業に取り入れるとよいと思います。小学校高学年の子どもたちから。

Copyright© 2018 ohanashikainoheya All Rights Reserved.

おはなし会の部屋
  • Twitter Social Icon
  • mail_icon.jpg