えのでんタンコロ

倉部 今日子 作

偕成社

 

あらすじ

だいきちおじいさんとしょうちゃんは、江ノ電に乗って藤沢から鎌倉に出かけます。おじいさんは、子どもの頃の1両で走る単行電車(タンコロ)のことを思い出しました。ここからおじいさんの回想が始まります。夏のある日、タンコロで出かけた子どもの頃のおじいちゃん。切符にはさみを入れてもらい通る改札や、安全確認のタブレット交換など、懐かしい風景が思い出されます。

由比ヶ浜で降りて観た花火大会まで回想は続き、ここで二人の乗った江ノ電は鎌倉に到着しました。


感想

電車ファンには楽しい絵本。絵は昔の風景がしっかり描かれていて、大人の方も懐かしく思い出しながら、読めるのではないかと思います。


読み聞かせには

年長さんから小学校低学年までの子どもたちのほか、年配の方もいいかもしれません。

Copyright© 2018 ohanashikainoheya All Rights Reserved.

おはなし会の部屋
  • Twitter Social Icon
  • mail_icon.jpg