そらはあおくて

 

シャーロット・ゾロトウ 文

杉浦さやか 絵

なかがわちひろ 訳

あすなろ書房

2018年10月発行

 

あらすじ

古いアルバムを見て女の子がお母さんに「この子、お母さんなの?」とたずねます。女の子がお母さんの子どもの頃は今となんだか違うと言うと、お母さんは、「大切なことは少しも変わっていない。そらはあおくて、くさはみどり。ゆきはしろくてつめたくて、おひさまはまぶしくあたたかい。いまとおんなじだったのよ」と言います。アルバムは古い時代に遡り、おばあちゃん、ひいおばあちゃんも出てきて、女の子は同じ質問をしますが、お母さんはそのたびに「大切なことは少しも変わっていない」と答えます。アルバムは終わり、いつかあなたも自分の子どもに写真を見せてお話してあげて、その子を抱きしめるのよとお母さんは女の子に話しました。

 

感想

母子の会話が淡々と繰り返されて進んでいきます。「大切なこと」とは親子の愛情なのだと思いました。古い時代の写真の絵がセピア色で美しく、お話の雰囲気に合っている絵で描かれています。

 

読み聞かせには

年長さんから小学校低学年の子どもたちに。

Copyright© 2018 ohanashikainoheya All Rights Reserved.

おはなし会の部屋
  • Twitter Social Icon
  • mail_icon.jpg