はるのおとがきこえるよ

 

マリオン・デーン・バウアー 文
ジョン・シェリー 絵
片山 令子 訳

 

あらすじ
冬も終わろうとする夜に、聞こえてきた不思議な音に誘われて、ドアを開けると、

そこにはくまが立っていました。くまと二人で手をつないで音のする方へ歩き出すと、

森の仲間たちも加わりました。行き当たった先には大きなたまごがありました。

音を立ててたまごは割れ、そこには春が。

 

感想
思ったとおりの展開でした。くまと二人で手をつないで歩く感じは、子どもたちには楽しいかもしれません。
 
読み聞かせには               
幼稚園、保育園の年長さんに、冬の終わりに。

Copyright© 2018 ohanashikainoheya All Rights Reserved.

おはなし会の部屋
  • Twitter Social Icon
  • mail_icon.jpg