ぼくはフクロウを飼っている

 

下田 智美 作

 

あらすじ
山からの帰り道、フクロウの羽を拾ったぼくは、フクロウを飼いたいと思います。魔法のショーが仕事で世界中を飛び回っている両親に、魔法の鏡を通じて相談します。そしてまず、フクロウについて調べることにします。知れば知るほどフクロウは飼えないと悟ったぼくですが、実は家の森にはフクロウがいたのです。

 

感想
中開きのページのフクロウについての解説は知識の本のようなのですが、魔法の鏡や執事の登場などが現実的でなく、どっちよりの本なのかなと迷いました。

 

読み聞かせには
一人読み向き

Copyright© 2018 ohanashikainoheya All Rights Reserved.

おはなし会の部屋
  • Twitter Social Icon
  • mail_icon.jpg