わたし

 

谷川 俊太郎 文
長 新太 絵


あらすじ

わたし おとこのこからみると おんなのこ。わたし おかあさんからみると むすめのみちこ。といった進み方で、「わたし」について語っていきます。左ページに「わたし」右ページでどう見えるか、解説しています。最後のページは わたし しらないひとからみるとだれ? ほこうしゃてんごくでは おおぜいの ひとり。で終わっています。

 

感想
科学絵本に分類されていますが、実に哲学的な絵本だと思います。

 

読み聞かせには
小学校低学年でも読めますが、高学年の子どもたちはどんな反応をするか読んでみたい気がします。

Copyright© 2018 ohanashikainoheya All Rights Reserved.

おはなし会の部屋
  • Twitter Social Icon
  • mail_icon.jpg