バンブルアーディ

 

モーリス・センダック 作
さくま ゆみこ 訳
偕成社

 

あらすじ

子ぶたのバンブルアーディは、家族がお楽しみが好きじゃなかったので、一度も誕生日祝いをしてもらったことがありませんでした。

8歳になった時、パパとママがブタにくにされて、アデリーンおばさんに引き取られました。バンブルアーディは9歳で初めてお祝いしてもらうことになりました。おばさんからのプレゼント、カウボーイの服も気に入り、誕生日祝いパーティーの準備が始まりました。

当日、集まったお客たちは、仕事に出かけたおばさんが帰ってくるのも待てず、どんちゃん騒ぎを始めます。帰ってきたおばさんは、めちゃくちゃの家を見てかんかんに怒り、大声で怒鳴りました「ハムにしちまうよー」バンブルアーディはもうぜったい10歳にならないからと謝り、おばさんはバンブルアーディを許してくれました。


感想

センダックが作絵を手掛けた最後の作品だそうです。絵の中に小さな文字で書かれた部分も楽しめ、見開きのパーティーの絵だけで、楽しさが伝わってきます。あらすじで父母が亡くなり叔母に引き取られと書かず、あえて本文に忠実に書きました。初めて読んだ時にブタ肉にされてで衝撃を受けましたが、それは、大人の感覚かもしれません。ハムにしちまうよの表現と共に、子どもたちはあっさりと読むのではと思います。


読み聞かせには

小さな文字をどう読むかは工夫が必要ですが、小学校低学年以上の子どもたちなら、楽しめると思います。

Copyright© 2018 ohanashikainoheya All Rights Reserved.

おはなし会の部屋
  • Twitter Social Icon
  • mail_icon.jpg