まいごのたまご

 

アレックス・ラティマー 作

聞かせ屋。けいたろう 訳

角川書店

2018年6月発行

 

あらすじ

大昔、山からたまごがひとつ落ちてきました。たまごは一人ぼっちになってしまいました。たまごは自分が誰のたまごか分からず、近くを通る恐竜たちに聞きますが、なかなか似ている恐竜に会えません。寒さで凍えそうになったたまごに太陽に光が当たり、中身が透き通って見えました。シルエットを見て誰のたまごか分かった恐竜たちは、たまごを山の上の巣に運んでくれました。迷子のたまごはプテラノドンのたまごでした。

 

感想

リアルな恐竜の絵ではないのですが、恐竜たちの特徴が小さな子にも分かるように書かれているので、恐竜好きの子どもたちには楽しい本になると思います。聞かせ屋。けいたろうさんの訳は、小さな子どもたちでも分かるように訳されていて、読み聞かせをしてもらっているような心地良さがあります。

 

読み聞かせには

年中児さんから小学校低学年の子どもたちに。

Copyright© 2018 ohanashikainoheya All Rights Reserved.

おはなし会の部屋
  • Twitter Social Icon
  • mail_icon.jpg