レッド あかくてあおいクレヨンのはなし

 

マイケル・ホール 作 
上田勢子 訳
子どもの未来社

 

あらすじ

レッドは赤いクレヨンなのですが、赤くぬるのが得意ではありません。先生は練習すればできるようになるといいましたが、うまくできません。お母さんはほかの色の友達と一緒ならうまくいくと思い、イエローと一緒にミカンを描くようにいいましたが、出来上がったのは緑色でした。おじいちゃんおばあちゃん、クラスのみんなも心配しますが、やはり赤く塗れません。ある日新しい友達がやってきて、海を描いてくれないかと言われます。赤だからできないと思っていたのに、青い海が描けました。レッドは自分が青だと気づき、大きな青い空を晴れ晴れと描き始めました。

 

感想

大人の感覚では性的マイノリティーについて書いた絵本と捉えられると思いますが、子どもたちは難しく考えずに、青だと分かって良かったと思うのではないでしょうか。

読み聞かせには

小学生から大人まで。

Copyright© 2018 ohanashikainoheya All Rights Reserved.

おはなし会の部屋
  • Twitter Social Icon
  • mail_icon.jpg