わたしのかさはそらのいろ

 

あまん きみこ さく
垂石 眞子 え

 

あらすじ
新しく買ってもらった、あおいかさをさして、

わたしは「わたしのかさはそらのいろ、あめのなかでもいいてんき」と歌いながら野原にやってきました。

あおいかさを回すと「いーれて」とのねずみたちがかさの中に入ってきました。

次々と、動物たちや鳥たち、けんちゃんたちも入ってきました。

不思議なことに、あおいかさはずんずん広がっていたのです。あおいかさの下でみんなで遊び、やがて虹が出て雨はやみました。そうっととじたあおいかさは、くふっとわらっているようでした。

 

感想
うっとうしい梅雨の時期、こんな本を読んだら楽しい気持ちになれそうです。ファンタジーのやさしい世界と絵がぴったりだと思いました。

 

読み聞かせには
幼稚園、保育園の年長さん、小学校低学年の子どもたちに。

Copyright© 2018 ohanashikainoheya All Rights Reserved.

おはなし会の部屋
  • Twitter Social Icon
  • mail_icon.jpg