なまえのないねこ.jpg

なまえのないねこ

 

竹下文子 文
町田尚子 絵
小峰書店
2019年4月発行

 

あらすじ

ぼくは名前のないねこ。小さい時はただの「こねこ」。大きくなってからはただの「ねこ」。
街のねこたちはみんな名前を持っています。ぼくも名前が欲しいなと言うと「自分でつければいいじゃない」と言われます。街を歩くと「あっちいけ!」と追い払われます。ベンチの下で雨宿りしていると女の子に優しく声を掛けられます。そして欲しかったのは名前ではなく名前を呼んでくれる人なんだと気づきます。


感想

欲しかったのは名前ではなく名前を呼んでくれる人だったと気づく場面は感動しました。絵は丁寧に描かれていて、猫の表情がとてもいいです。文も過不足なく絵と合っています。ぜひ読み聞かせをしてみたいと思いました。


読み聞かせには

小学校低学年から。大人にもいいと思います。

Copyright© 2018 ohanashikainoheya All Rights Reserved.

おはなし会の部屋
  • Twitter Social Icon
  • mail_icon.jpg