だれかさん

 

内田 麟太郎 文
今森 光彦 切り絵

 

あらすじ
寝ている猫に、ねとぼけたねずみが寄り添い眠ってしまいました。

初めに猫が目覚め、ねずみを見て「かわいいなあ」と思います。

次にねずみが目覚め、猫を見て「やさしそう」と思います。

猫とねずみは歌を歌いあい、笑いあいます。ラストはねこが「だれかさん」を待っている姿で終わります。

 

感想
内田麟太郎氏らしい、しゃれの効いた文と、昆虫写真家の今森光彦氏の切り絵がぴったりあっていると思いました。ラストは意味深で、大人の感覚では怖い話だと思いました。おしゃれな本です。

 

読み聞かせには
子どもたちは、どう見るのでしょうか。大人向きかなと思うのですが…。

Copyright© 2018 ohanashikainoheya All Rights Reserved.

おはなし会の部屋
  • Twitter Social Icon
  • mail_icon.jpg