ぼくの草のなまえ

長尾 玲子 さく 
福音館書店

 

あらすじ

太郎くんは、プランターの中に雑草を見つけました。草の名前が知りたくて、おじいちゃんに電話で聞いてみると、春の雑草はたくさんあると言われました。その草のことを3つ教えてくれたら名前がわかるとおじいちゃんは言い、質問を1つずつして絞り込んでいき「ハコベだと思うよ」と教えてもらいました。ハコベは小鳥のごちそうだと聞いて、飼っている小鳥にあげてみると食べたので、ハコベだと確認できました。


感想

春の雑草の特徴がわかり、何気なく見ていた雑草に親しみが持てる本です。刺繡を使って表された草は柔らかく、お話に合っています。小さな版で、とてもおしゃれな造りだと思いました。


読み聞かせには

少人数の読み聞かせに。保育園幼稚園の年長さん、小学校低学年の子どもたちに。

Copyright© 2018 ohanashikainoheya All Rights Reserved.

おはなし会の部屋
  • Twitter Social Icon
  • mail_icon.jpg