だいち

 

谷川俊太郎 詩
山口 マオ 絵
岩崎書店

 

あらすじ

「だいちのうえにくさがはえ」で始まる、大地の上で営まれる生物の姿を現した、谷川俊太郎の詩に、「わにわにシリーズ」の山口マオが絵を描いた 詩の絵本。

 

感想

行が変わるごとに、ページをめくり、新しい絵が飛び込んできます。シンプルな絵が詩にピタッと合っていると思います。大地の上では、人の営みはほんの一瞬に過ぎないけれど、だからこそその一瞬を大切にしたいという気持ちになりました。

 

読み聞かせには

小学校中学年の子どもたちから。大人の方にぜひ読み聞かせしてみたいです。

Copyright© 2018 ohanashikainoheya All Rights Reserved.

おはなし会の部屋
  • Twitter Social Icon
  • mail_icon.jpg