王さまとよごれた足

 

サリー・ポム・クレイトン 文

ライアノン・サンダーソン 絵

青山 南 訳

光村教育図書

2018年6月発行

 

あらすじ

昔、何不自由なく幸せな王様がいました。体を洗うことが大嫌いで1年間洗わなかったら匂いだし、自分でも我慢できなくなったので川で洗うことにしました。国中の人々が見守る中、全身洗い終え出てみると、足だけが土が着き汚れてしまいます。怒った王様は召使に国の土の汚れを取れと命じ、できなければ首をはねると言います。召使はみんなに助けを求め、国中をはいたり、水をまいたりしますがうまくいきません。

最後に布で覆ってしまう方法を取ると、王様の足は汚れず、王様は満足します。しかし老人に「布をかぶせてしまったら木も花も育たず食べ物もなくなる、生きていくためには土が必要」と言われ、老人は王様の足に布を巻きつけました。歩いても汚れないことに王様は喜びました。

こうしてこの国の人々は靴を履くようになりました。

 

感想

インド民話の「王さまと靴職人」からヒントをもらった作品だそうで、お話はしっかりしています。イラスト風の絵の雰囲気もこのお話には合っていると思いました。

 

読み聞かせには

年長さんから小学校低学年の子どもたちに。

Copyright© 2018 ohanashikainoheya All Rights Reserved.

おはなし会の部屋
  • Twitter Social Icon
  • mail_icon.jpg