白い池 黒い池

 

リタ・ジャハーン=フォルーズ 再話
ヴァリ・ミンツィ 絵
もたい なつお 訳

 

あらすじ
イランのある町にシラーズという少女がいました。シラーズの母さんはシラーズをうむとすぐ亡くなり、父さんはナルゲスというシラーズと同い年の娘がいる義母を迎えました。

父さんが亡くなると義母はシラーズを学校にも行かせず、家の仕事をさせ、つらくあたりました。
ある日シラーズが母さんの残した毛糸玉でセーターを編もうとすると、毛糸玉は風に飛ばされ、ある家の庭に落ちました。

シラーズがその家を訪ねると、汚らしいおばあさんが出できて、やってほしいことをしてくれたら毛糸玉を返してくれると言います。

おばあさんの頼みは、汚い台所を壊し、荒れ放題の庭を根絶やしにし、自分の髪を切れ、というものでした。

シラーズは台所をきれいにし、スープを作り、庭をよみがえらせ、おばあさんの髪を洗い、結いました。

おばあさんは毛糸玉を渡すと、白い池に三度、黒い池に三度つかって帰るように言いました。

シラーズが家に帰ると、シラーズが美しくなっているのを見た義母はナルゲスを美しくさせようと、シラーズと同じことをさせようとします。ナルゲスはおばあさんの言うとおりにし、何度も池につかり、家に帰りました。ナルゲスは物乞いと見間違えるほど、みすぼらしくなっていました。

シラーズはおばあさんの言った言葉どおりではなく、心の声に耳をすませたのでした。白い池黒い池は同じ水ですが、人の心のうちを外に出す水でした。

 

感想
昔話は、土台がしっかりしていて、安心して納得して読めます。お話の展開もどうなるのだろうとはらはらどきどきもさせ、心の声に耳をすますことの大切さがじわっと伝わってきました。

 

読み聞かせには
小学校低学年、中学年の子どもたちに。

Copyright© 2018 ohanashikainoheya All Rights Reserved.

おはなし会の部屋
  • Twitter Social Icon
  • mail_icon.jpg
おはなし会の部屋LINE