パパはジョニーっていうんだ

 

ボー・R・ホルムベルイ 作
エヴァ・エリクソン 絵
ひしきあきらこ 訳
BL出版
2004年1月発行

 

あらすじ

ママとこの町に引っ越してからパパに会っていなかったティム。パパを乗せた電車がホームに入って来て再会を果たした親子。今日はパパと一日過ごせるので、嬉しくてたまらないティムは会う人々に「ぼくのパパだよ。ジョニーっていうんだ」と声を掛けます。映画を見てピザを食べ、時間はあっという間に過ぎて行きます。暗くなりはじめ別れの時間が近くなってきました。帰る前に寄った喫茶店でパパはティムを強く抱き抱えました。別れの時間が来てホームでママを待つティムを抱き抱え電車に乗り込んだパパは「この子はぼくの息子です。最高にいい息子です。ティムっていうんです!」と乗客の皆に大きな声で言いました。パパを乗せた電車が走り去るのを見送りながら、線路はどこまでも続いているから、いつかきっと大好きなパパを乗せて電車はもどってくるだろうとティムは思います。

 

感想
両親が別れて母親と暮らしている子どもが、久しぶりに父親と過ごす一日を描いたお話だと思いますが、離婚を表立って描くのではないのがいいと思います。子どもの気持ち、親の気持ちが感情的ではなくよく伝わってきました。やさしいタッチの絵がお話とよく合っています。訳も読み易いです。家族を考えるテーマのおはなし会に読み聞かせしてみたいです。
 
読み聞かせには               
小学校低学年から大人でもいいと思います。

Copyright© 2020 ohanashikainoheya All Rights Reserved.

おはなし会の部屋
  • Twitter Social Icon
  • mail_icon.jpg