本の顔を見に行く

September 27, 2017

町の小さな本屋さんがどんどんなくなっていますが、詩人の長田弘さんは「大きな書店ではなく『本や』という雰囲気を持った小さな店が好きだ」と自身の詩に書いているそうです。

「私は『本や』に本を探しにゆくのではない。なんとなく本の顔をみにゆく」のだから。

以上、天声人語の記事より。

お目当ての本などないとき、本屋さんや図書館に行くと思わぬ本との出会いが待っていること、ありませんか?

 

Please reload

Featured Posts

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

Recent Posts

December 25, 2018

Please reload

Search By Tags