• 朝日新聞2017.8.25

本の顔を見に行く


町の小さな本屋さんがどんどんなくなっていますが、詩人の長田弘さんは「大きな書店ではなく『本や』という雰囲気を持った小さな店が好きだ」と自身の詩に書いているそうです。

「私は『本や』に本を探しにゆくのではない。なんとなく本の顔をみにゆく」のだから。

以上、天声人語の記事より。

お目当ての本などないとき、本屋さんや図書館に行くと思わぬ本との出会いが待っていること、ありませんか?


0回の閲覧

Copyright© 2020 ohanashikainoheya All Rights Reserved.

おはなし会の部屋
  • Twitter Social Icon
  • mail_icon.jpg