• 朝日新聞9月28日付

きょうだい失った子のための絵本


きょうだいを亡くした子供の夜目の絵本「さくとさようなら」を、犯罪や事故の被害者を支援する公益社団法人「被害者支援都民センター」が作ったところ、問い合わせが相次いでいるそうです。

子どもを亡くした家族を支援してきた臨床心理士の新井陽子さんが提案し、さいたま市のNPO法人「ぷるすあるは」さんが絵を担当したそうです。


0回の閲覧

Copyright© 2020 ohanashikainoheya All Rights Reserved.

おはなし会の部屋
  • Twitter Social Icon
  • mail_icon.jpg