たったひとつのどんぐりが -すべてのいのちをつなぐ-

 

ローラ・M・シェーファーとアダム・シェーファー ぶん

フラン・プレストン=ガノン え         

せなあいこ やく

評論社     

2018年3月発行

 

あらすじ

ひとつぶのドングリが地面に落ち木に育ちます。その木に鳥が来て、鳥が木をゆすり、落した種から花が咲きます。花は実となり動物を呼びます。植物から動物へと命のバトンが繰り返される様子を描き、そしてまたひとつぶのドングリが落ちます。

 

感想

ひとつぶのドングリから始まる森の生態系を、簡潔な文で表しています。抑えた色合いの絵と文は合っていて、絵だけでも話は理解できます。巻末に生態系やドングリの必要性の説明、人間になぜ森が必要か、森を守るために私たちができることは何か書かれています。

 

読み聞かせには

年長児さんから小学校中学年の子どもたちに。

Copyright© 2018 ohanashikainoheya All Rights Reserved.

おはなし会の部屋
  • Twitter Social Icon
  • mail_icon.jpg
おはなし会の部屋LINE