ももんがもんじろう

 

村上 康成 作
 
あらすじ
まだ空を飛んだことがないももんがのもんじろう。

すぎの木におされて、風に乗り、始めて世間に出ることになりました。

くまやしかと出会い、池のこいのひとたたきで、元のすぎの木に帰れました。

すぎの木のてっぺんから見た世間はまだまだ広く、もんじろうはまた飛び立つのでした。

 

感想
出でくる動物たちのダジャレ言葉に、作者の遊び心が感じられました。

「かわいい子には旅をさせろ」という絵本ですね。

 

読み聞かせには
幼稚園、保育園の年長さんに。

Copyright© 2018 ohanashikainoheya All Rights Reserved.

おはなし会の部屋
  • Twitter Social Icon
  • mail_icon.jpg
おはなし会の部屋LINE